POPPIN ポッピング ダンス

POPPIN ポッピング ダンス研究サイト Maniac Taco



TOP > ポッピング・ダンスを踊るための肉体作り > 1:筋肉を豪快に弾くための「随意筋(神経)の柔軟性」

|1:筋肉を豪快に弾くための「随意筋(神経)の柔軟性」





★ポッピングを弾く仕組み
まずは「ポッピング」つまり筋肉を弾くメカニズムを理解する必要があります。
よく「ポッピング」は筋肉を動かす技術だから、
「筋肉」があればあるほど、強く弾けるんじゃないか、
と誤解されていることが多いです。

しかし、結論からいうと、それは違います。

「ポッピング」とは、
筋肉を動かす為の「神経」を動かすことです。
各筋肉に付いている「神経」を動かしているのです。
この、「神経」を動かす為のトレーニングを、
ポッピングの専門用語で、「マッスル・コントロール」と言います。

ちなみに、
自分の意思で動かせる筋肉を随意筋と呼び、
臓器や脳・心臓など、意思とは関係なく動く筋肉を不随意筋と呼びます。


基本的には、随意筋であれば「ポッピング」を打つことが可能となります。
ちなみに、ポッピングを打つ部位に関するよくある情報として、
「ストマック(胃)を弾く」というのは厳密に言うと間違いです。
胃そのものは不随意筋なので、自分の意志では動かすことはできません。
確かに胃も"動いてはいる"のですが、
それは、胃を支えている周囲の筋肉(腹直筋など)を動かしているわけです。
ポッピングで使用する筋肉については、コチラを参照していただければ幸いです。

「マッスル・コントロール」を繰り返し行い、何度も弾くことで、
筋肉を動かす「神経」が徐々に太くなっていき、自然な形でポッピングを打てるようになります。

★肉体作り・メンテナンス
・踊る前・後はよく筋肉をほぐす
ポッピングを打つ=筋肉を瞬発的に弛緩する動きなので、
当然のことながら、長時間酷使すると、「神経」を痛めてしまいます。
踊る前は勿論、踊った後も必ず筋肉をほぐして、リラックスさせた状態にしましょう。
筋肉を軽く揉んだり、ストレッチをすると効果的です。


・筋肉・神経を作るための栄養素をとる
筋肉・神経を作る栄養素としてはビタミンB群が挙げられます。
特にビタミンB1が不足すると、筋肉が疲労しやすくなる上に、神経の働きも低下します。

ポッピングを踊るための、良質な体作りにおいては欠かせない存在です。

対策として、普段の食生活を心がけるのもいいですが、
実際にはサプリメントを摂取する方法が手っとり早く、安価で押さえることができます。

「本物のサプリメントの選び方」に基づいて厳選したサプリメントです。
■TRI-B-100

■特徴
一般的なビタミンB群の10倍以上といわれている、
含有量世界最高レベルのビタミンB群サプリメント。

■オススメのポイント
・無農薬&自然素材100%で、極めて栄養素の含有量が高い
・栄養素を殺さない、「低温処理」で製造されている
・サプリメントの品質と安全管理の監査機関「GMP」に準拠している
guide Maniac Taco Mobile

キーワード検索

Maniac Taco CONTENTS











link linkbannerl site map web master

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 
Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 

rss atom